給湯器の比較GUIDE│お湯を静かにあたためる電気式が人気の理由

Water heater reputation
このエントリーをはてなブックマークに追加

故障のサインを見よう

給湯器を比較することで性能の差を調べることが出来ます。なので、給湯器の購入を考えている方は色々と見比べてみて購入をすると良いでしょう。また、タイプにより金額も性能にも違いがあります。

...この記事の詳細を読む

性能を知る

給湯器には寿命がありやく十年が寿命となっています。そのため、寿命が来ると買い換える必要が出てきます。また、給湯器により性能が変わるので調べてから購入しましょう。

...この記事の詳細を読む

サインをキャッチ

給湯器は寿命が来ると買い換える必要がありますが、寿命を伝えるサインを教えてくれます。例えば、給湯をする度に音がしたり、追い焚きが作動しないなどの危険サインを給湯器はだしてくれます。

...この記事の詳細を読む

光熱費を抑える方法

2タイプある

「給湯器」には「ガス式」と「電気式」の2タイプがあります。給湯器が古くなってきた、光熱費を安く抑えたいと考えている人は、交換をすると良いそうです。給湯器をガス式、電気式に交換するとき、それぞれのメリットがあります。ガス式は、マンションなどの集合住宅でも工事がスムーズにできるのが魅力です。給湯器自体がコンパクトであること、工事の費用が比較的安く済むこともガス式の魅力だといいます。最近トレンドとなっている電気式は、初期費用が高くなりますが、その後の光熱費が安くなります。空気を汚さない、環境に配慮されたシステムが、人気の理由となっているようです。お湯をあたためる音が静かなことも、電気式の良いところだといいます。

長い目でみると電気式がお得

給湯器を交換するときは、専門の業者に依頼します。最近ではインターネットの情報を見て、業者選びをする人が多いようです。ホームページで、それぞれの業者の施工方法や自社の魅力が掲載されています。業者選びをするときのポイントは、信頼できるかということです。まわりに交換を依頼した人がいれば、その人の感想を参考にしてみるのも良い方法です。ガス式の交換費用は、追い焚きなしで10万円くらいになります。追い焚きありだと、17万円から25万円くらいです。電気式の交換費用は、100万円前後になります。初期費用は高額ですが、その後の光熱費が1000円から2000円と、大幅に安くなるそうです。長い目で見れば、電気式がお得になります。

おすすめリンク