給湯器の比較GUIDE│お湯を静かにあたためる電気式が人気の理由

Water heater reputation
このエントリーをはてなブックマークに追加

サインをキャッチ

給湯器は10年を目安に交換

給湯器で次のようなことが起こっていませんか。給湯を始めるたびにボンと大きな音がする、湯張りや追い炊きが作動しない、お湯の温度が一定でなく急に熱湯や冷水が出る、と言ったことがあれば給湯器の交換時期かもしれません。給湯器の耐用年数は10年と言われています。部品の供給も10年程度ですので、仮に10年以上使用していて修理を依頼しても、部品がないため断られるケースもあります。給湯器は工事が伴いますので、すぐに交換できるとは限りません。特に冬場は故障が多発しますので工事依頼が殺到します。低い水温から高温の湯を出す際に、夏場以上に機械に負荷がかかることが原因です。給湯器が壊れて、しばらく銭湯通いしたとい言う話も珍しくありません。そうならないためにも、壊れる前に交換しましょう。

初期投資は大きいですが省エネタイプはお得

給湯器の機種も随分豊富になりました。一昔前に比べて、省エネタイプのものも増えました。給湯器の値段は高くなりますが、お湯を沸かす時の排気熱を再利用するタイプのものは、ランニングコストの面で経済的です。10年使うことを考えると、省エネタイプのものも、いいかもしれません。マンションなど給湯器の置き場が狭い場合は、機械の厚みにも注意してください。最近のものは厚みが増しています。給湯器の交換を依頼する業者選びですが、口コミも大きな頼りになります。施工実績が多く、取り付け後のフォローがきちんとできる業者が安心です。メーカーの保証期間以降も、無償修理をするオプションをつけることも出来るようです。そういったものがあるかどうかも、確認しておくといいでしょう。