給湯器の比較GUIDE│お湯を静かにあたためる電気式が人気の理由

Water heater reputation
このエントリーをはてなブックマークに追加

性能を知る

長期的視野に立てば修理より交換

給湯器の寿命はせいぜい10年程度であり、持ち家になって生活をしていると給湯器の交渉は何度か経験せざるを得ないことになります。オール電化でない限りは生活に必須であり、その性能はガス代に直結します。10年もすると給湯器の性能も大幅に向上していると期待されることから、修理をしてさらに数年間利用するよりもかえって交換してしまった方が安上がりになることが多々あります。ただし、考えなければならないのは一時的にかかる出費額の違いであり、当然ながら故障時には修理という対応をした方が安上がりになる傾向は否めません。工事費用には大差がなくても給湯器自体の購入費用がかかるからです。しかし、繰り返し修理が必要になる可能性も否めないことを考えても、これから先の10年間をより快適にしたいと考えるのであれば交換がよりよい結果をもたらすのです。

給湯器の取り替えにかかる費用

給湯器の交換を行う場合にかかる費用は大きく分けると給湯器自体の購入費用と工事費に大別されます。工事費用は業者に大きく依存しますが、標準的な一式の工事を行ってもらうとすると30000円から50000円程度がかかるというのが一般的な見積もりになります。これに加えてかかるのが給湯器自体の購入費用になります。これはどういった給湯器を導入するかによって大きく変わります。50000円程度の安価なものから300000円程度の高価であっても機能性の高いものがあるため、交換に際して大きく響いてくるのは給湯器本体の価格であるといえます。その割引の程度も業者によって異なるので実際に見積もりを依頼するのが大切になります。